神奈川県第二次保健医療圏

神奈川県第二次保健医療圏:県央:病院情報、有床診療所情報

サイトマップ有限会社 市川概要

  1. ホーム
  2. 神奈川県第二次保健医療圏:横浜北部病院・有床診療所情報
  3. 横浜西部
  4. 横浜南部
  5. 川崎北部・南部
  6. 相模原
  7. 横須賀・三浦
  8. 湘南東部・南部
  9. 神奈川県二次保健医療圏:県央:病院・有床診療所情報

神奈川県第二次保健医療圏:県央の病院情報、有床診療所情報

取扱い業務の図示イメージ

神奈川県第二次保健医療圏域内の県央:5市1町1村。厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村の病院情報、有床診療所情報です。医療提供施設の病院数33施設、有床診療所2施設

神奈川県二次保健医療圏図示

圏域名、県央:経営主体:医療法人31のうち社会医療法人3、行政4
医療提供施設名 所在地 病床数 経営主体

厚木市の医療機関 病院情報

厚木佐藤病院 厚木市小野759 182 医療法人社団藤和会
相州病院 厚木市上荻野1682-3 263 医療法人社団青木末次郎記念会
仁厚会病院 厚木市中町3-8-11 131 医療法人仁厚会
七沢リハビリテーション病院 厚木市七沢1304 245 医療法人社団 葵会
神奈川リハビリテーション病院 厚木市七沢516 320 神奈川県
湘南厚木病院 厚木市温水118-1 253 医療法人沖縄徳州会
近藤病院 厚木市東町3-3 111 医療法人仁愛会
東名厚木病院 厚木市船子232 267 社会医療法人社団三思会
認定年月日
平成21年4月1日 業務の区分:救急医療
愛光病院 厚木市松枝2-7-1 385 医療法人弘徳会
厚木市立病院 厚木市水引1-16-36 289 厚木市
森の里病院 厚木市森の里3-1-1 62 医療法人鉄蕉会

大和市の医療機関 病院情報

南大和病院 大和市下和田1331-2 132 医療法人新都市医療研究会君津会
大和徳洲会病院 大和市中央4-4-12 199 医療法人徳洲会
みどり野リハビリテーション病院 大和市中央林間2-6-17 115 医療法人社団緑野会
中央林間病院 大和市中央林間4-14-18 116 社会医療法人社団三栄会
認定年月日
平成27年4月1日 業務の区分:救急医療
大和青洲病院 大和市中央林間4-25-17 49 医療法人沖縄徳洲会
大和病院 大和市深見西3-2-37 250 医療法人正史会
大和市立病院 大和市深見西8-3-6 403 大和市
先進医療技術名
先進医療技術名 A 番号:14
先進医療技術名 A 番号:36
桜ケ丘中央病院 大和市福田1-7-1 171 医療法人社団哺育会
愛育病院 大和市南林間2-14-13 51 医療法人愛育会
大和成和病院 大和市南林間9-8-2 99 医療法人社団公仁会

大和市の医療機関 診療所情報

つきみ野じんクリニック 大和市下鶴間1559-1 19 医療法人社団宏健会

海老名市の医療機関 病院情報

湘陽かしわ台病院 海老名市柏ケ谷584-2 119 医療法人社団医誠会
海老名総合病院 海老名市河原口1320 469 社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス
認定年月日
平成21年4月1日 業務の区分:救急医療
海老名総合病院附属海老名メディカルサポートセンター 海老名市河原口1519 117 社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス
オアシス湘南病院 海老名市中河内1227-1 158 医療法人社団神愛会
中央病院 海老名市東柏ケ谷6-20-20 96 医療法人社団さがみ野中央病院

海老名市の医療機関 診療所情報

葉梨整形外科 海老名市柏ヶ谷719-4 19 医療法人葉梨整形外科

座間市の医療機関 病院情報

座間厚生病院 座間市栗原912-2 48 医療法人社団一真会
医療法人興生会相模台病院 座間市相模が丘6-24-28 306 医療法人興生会
医療法人社団昌栄会相武台病院 座間市相武台1-4941-1 244 医療法人社団昌栄会

綾瀬市の医療機関 病院情報

綾瀬厚生病院 綾瀬市深谷3815 168 医療法人社団柏綾会
矢崎病院 綾瀬市上土棚中1-1-16 31 医療法人社団慈広会

愛川町の医療機関 病院情報

愛川北部病院 愛甲郡愛川町角田281-1 150 医療法人社団福寿会

清川村の医療機関 病院情報

清川遠寿病院 愛甲郡清川村煤ケ谷3414 325 医療法人社団増田厚生会

各二次保健医療圏・課題と施策の方向性:県央

1 地域の現状及び特性

(1) 人口及び世帯
 県央地域の人口は約84万人で、県人口の約9.3%に当ります。
 年齢区分別人口は、県平均と比べ、年少人口と生産年齢人口の割合が高く、老年人口の割合が少ない状況にあります。

(1) 人口及び世帯
区分 人口(人) 世帯数
(世帯)
高齢者
独居世帯数
(世帯)
総数 年少人口
(0~14歳)
生産年齢人口
(15~64歳)
老年人口
(65歳以上)
神奈川県 9,060,257 1,182,523
(13.1%)
5,957,088
(66.1%)
1,868,418
(20.7%)
3,876,258 308,463
県央地域 840,657 113,673
(13.6%)
557,078
(66.6%)
165,175
(19.8%)
347,080 22,730

出典:神奈川県年齢別人口統計調査、神奈川県人口統計調査、国勢調査
(注)人口、世帯数はH24.1.1現在、高齢者独居世帯数はH22.10.1現在
(注)人口の総数には年齢不詳を含んでいるが、年齢3区分別構成比は年齢不詳を除いて算出している。

(2) 医療施設の状況
 県央地域の医療施設数は、人口10万人当り数で県平均と比べ、病院は若干多いものの、一般診療所、歯科診療所は少なくなっています。

(2) 医療施設の状況
区分 病院 一般診療所 歯科診療所 薬局
施設数 病床数 施設数 病床数 施設数 病床数 施設数
神奈川県
人口10万対
34.3 73,354 6,407 3,226 4,868 2 3,444
3.8 813.1 70.8 35.7 53.8 0.0 38.1
県央地域
人口10万対
34 6,445 508 358 395 1 259
4.1 768.7 60.6 42.7 47.1 0.1 30.9

出典:神奈川県衛生統計年報
(注)施設数(薬局以外)・病床数はH22.10.1現在、薬局の施設数はH23.3.31現在

(3) 医療従事者の状況
 県央地域の医師数、歯科医師数、看護師数は、人口10万人当り数で見ると、いずれも県平均より少ない状況です。

(3) 医療従事者の状況 単位:人
区分 医師 歯科医師 薬剤師 保健師 助産師 看護師 准看護士
神奈川県
人口10万対
17,676 7,057 19,610 1,899 1,939 51,503 11,335
196.4 78.0 216.7 21.0 21.4 569.2 125.3
県央地域
人口10万対
1,100 461 1,544 193 136 3,822 1,139
131.2 55.0 184.1 23.0 16.2 455.8 135.8

出典:神奈川県衛生統計年報
厚生労働省「保健師・助産師・看護師等業務従事者届」
(注)従事者数はH22.12.31現在

2 地域における重点課題

(1) 救急医療対策の推進
 県央地域では、一部の地区での救急輪番体制維持が困難な状況にあり、救命救急センターもないことから、救急搬送はより厳しい条件下にあります。

(2) 健康危機から住民を守る対策の推進
 県央地域では、広域災害が発生した際の健康危機に関する連携体制や、感染症対策について、地域で取り組む必要があります。

(3) 地域における疾患ごとの医療連携
 県央地域でも死因別死亡率の上位を占める、がん・急性心筋梗塞・脳卒中に加え、糖尿病についても、切れ目のない医療の提供が求められています。

(4) 地域が一体となって取り組むメンタルヘルス対策
 県央地域では、地域の関係機関が相互に連携して、生涯を通じたメンタルヘルス対策に取り組むことが重要です。

(5) 青壮年期における健康づくり、生活習慣病対策
 県央地域では、職域保健を担う事業所等と、地域保健を担う市町村等が協力し、青壮年期から働き盛りの人々の健康づくりを図る必要があります。

(6) 保健・医療・福祉をつなぎ、地域で暮らす人々の生活の質(QOL:Qualityof Life)を高める取組み
県央地域では、医療と介護の連携により、サービスが適切に提供できる体制づくりや、援助が必要な人々に対してQOLを高める支援が必要です。

3 施策の方向性

(1) 救急医療対策の推進
 関係機関が連携・協議を行い、救急輪番体制に空白が生じない取組みを継続するとともに、より安定的な救急体制の構築を進めていきます。

(2) 健康危機から住民を守る対策の推進
 災害発生時の健康危機管理や感染症対策について、各関係機関は相互に連携し、発生時に備えるとともに、地域での取組みを推進します。

(3) 地域における疾患ごとの医療連携
 4つの疾病について、関係機関は連携しながら、生活習慣病予防や、切れ目ない医療提供のための取組みを順次進めていきます。

(4) 地域が一体となって取り組むメンタルヘルス対策
 ゲートキーパーの養成、関係機関による地域ネットワーク会議、啓発や相談等により、自殺予防と生涯を通じたメンタルヘルス対策に取り組みます。

(5) 青壮年期における健康づくり、生活習慣病対策
 職域保健関係機関と連携し、事業所に対する健康教育やがん検診の受診促進等を実施し、働き盛りの健康づくりや生活習慣病予防を促進します。

(6) 保健・医療・福祉をつなぎ、地域で暮らす人々のQOLを高める取組み
 医療と介護が切れ目なく提供できる体制を築くため、新たな地域包括ケアシステムを検討するとともに、人々のQOLを高める取組みを進めます。

このページの先頭に戻る