東京都第二次保健医療圏

 東京都二次保健医療圏:区西南部:病院情報・有床診療所情報

サイトマップ有限会社 市川概要

  1. ホーム
  2. 東京都第二次保健医療圏:区中央部病院・有床診療所情報
  3. 区南部
  4. 東京都二次保健医療圏:区西南部:病院情報、有床診療所情報

東京都第二次保健医療圏:区西南部:病院情報・有床診療所情報

取扱い業務の図示イメージ

東京都内23区第二次保健医療圏域内の区西南部:目黒区、世田谷区、渋谷区の病院情報、有床診療所情報です。
医療提供施設の病院数51施設、有床診療所数16施設。

東京都二次保健医療圏図示

圏域名区西南部、経営主体:学校法人3、医療法人46、株式会社1、財団法人2、独立行政法人1、日本赤十字1、行政2、国立研究開発法人1、組合連合会2、社会福祉法人3、一般社団1、健康保険組合1、共済組合1、防衛省1、個人5
医療提供施設名 所在地 病床数 経営主体

目黒区内:医療機関 病院情報

本田病院 目黒区柿の木坂1-30-5 72 医療法人社団目黒厚生会
総合病院厚生中央病院 目黒区三田1-11-7 320 全国土木建築国民健康保険組合
三宿病院 目黒区上目黒5-33-12 244 国家公務員共済組合連合会
東邦大学医療センター大橋病院 目黒区大橋2-22-36 433 学校法人東邦大学
先進医療技術名 B 番号:61
地域医療支援病院
承認年月日 平成28年8月4日
目黒病院 目黒区中央2-12-6 60 医療法人社団菫会
第一病院 目黒区中根2-10-20 70 医療法人社団日扇会
東京共済病院 目黒区中目黒2-3-8 370 国家公務員共済組合連合会
地域医療支援病院
承認年月日 平成22年8月25日
東京医療センター 目黒区東が丘2-5-1 780 独立行政法人国立病院機構
地域医療支援病院
承認年月日 平成22年8月25日
碑文谷病院 目黒区南2-9-7 72 医療法人社団爽玄会

目黒区内:医療機関 有床診療所情報

晴晃会育良クリニック 目黒区上目黒1-26-1 19 医療法人社団晴晃会

世田谷区内:医療機関 病院情報

奥沢病院 世田谷区奥沢2-11-11 94 医療法人横浜柏堤会
東京明日佳病院 世田谷区奥沢3-33-13 82 医療法人社団東京明日佳病院
駒沢病院 世田谷区駒沢2-2-15 96 財団法人平和協会
児玉経堂病院 世田谷区経堂2-5-21 114 社会福祉法人児玉新生会
世田谷井上病院 世田谷区桜ヶ丘4-25-8 54 医療法人社団井上外科記念会
三軒茶屋病院 世田谷区三軒茶屋1-21-5 247 医療法人社団大坪会
三軒茶屋第一病院 世田谷区三軒茶屋1-22-8 173 医療法人社団大坪会
三軒茶屋第二病院 世田谷区三軒茶屋1-24-3 157 医療法人社団弥生会
至誠会第二病院 世田谷区上祖師谷5-19-1 305 社団法人至誠会
東京都立松沢病院 世田谷区上北沢2-1-1 898 東京都
青泉会下北沢病院 世田谷区北沢2-8-16 56 医療法人社団青泉会
関東中央病院 世田谷区上用賀6-25-1 462 公立学校共済組合
地域医療支援病院
承認年月日 平成24年9月28日
世田谷中央病院 世田谷区世田谷1-32-8 131 医療法人社団さくら会
日産厚生会玉川病院 世田谷区瀬田4-8-1 389 財団法人日産厚生会
成城木下病院 世田谷区成城6-13-20 24 医療法人社団九折会
東京有隣会有隣病院 世田谷区船橋2-15-38 251 社会福祉法人東京有隣会
青葉病院 世田谷区太子堂2-15-2 115 医療法人財団青葉会
国立成育医療センター 世田谷区大蔵2-10-1 460 国立研究開発法人国立成育医療センター
先進医療技術名
先進医療技術名 B 番号:27
先進医療技術名 B 番号:28
自衛隊中央病院 世田谷区池尻1-2-24 500 防衛省
古畑病院 世田谷区池尻2-33-10 39 個人
世田谷神経内科病院 世田谷区等々力6-37-12 165 医療法人社団青葉会
世田谷記念病院 世田谷区上野毛2-30-10 200 医療法人平成博愛会
世田谷下田総合病院 世田谷区烏山4-9-23 75 医療法人社団緑眞会
先進医療技術名
先進医療技術名 A 番号:14
久我山病院 世田谷区北烏山2-14-20 199 社会福祉法人康和会
昭和大学附属烏山病院 世田谷区北烏山6-11-11 340 学校法人昭和大学

世田谷区内:医療機関 有床診療所情報

おおしま喜多見駅前医院 世田谷区喜多見9-2-21 18 医療法人社団東聖会
井上外科内科医院 世田谷区三軒茶屋2-24-17 19 医療法人社団周駒会
田中産科婦人科 世田谷区松原2-30-6 11 医療法人社団田中産科婦人科
松原アーバンクリニック 世田谷区松原5-34-6 18 医療法人社団プラタナス
さくら中央クリニック 世田谷区新町2-6-6 19 医療法人社団健身会
成城マタニティクリニック 世田谷区成城1-1-2 13 個人
千歳台はなクリニック 世田谷区千歳台5-22-1 19 医療法人社団はなまる会
幸野メディカルクリニック 世田谷区祖師谷3-30-28 19 医療法人社団幸野メディカルクリニック
成城リハケアクリニック 世田谷区祖師谷3-8-7 18 医療法人社団輝生会
烏山肛門大腸泌尿器クリニック杉本医院 世田谷区北烏山9-16-23 19 医療法人社団晋裕会
杉山産婦人科 世田谷区大原1-53-1 19 医療法人社団杉四会
ローズレディースクリニック 世田谷区等々力2-3-18 12 医療法人社団ローズレディースクリニック
尾山台整形外科 世田谷区等々力4-13-1 19 医療法人アレックス
等々力産婦人科 世田谷等々力7-3-20 14 個人

渋谷区内:医療機関 病院情報

東京都立広尾病院 渋谷区恵比寿2-34-10 478 東京都
日本赤十字医療センター 渋谷区広尾4-1-22 708 日本赤十字社
地域医療支援病院
承認年月日 平成24年9月28日
内藤病院 渋谷区初台1-35-10 53 医療法人社団温光会
オリンピア眼科病院 渋谷区神宮前2-18-12 40 医療法人社団オリンピア会
伊藤病院 渋谷区神宮前4-3-6 60 個人
セントラル病院 渋谷区松濤2-18-1 92 医療法人社団明生会
セントラル病院松濤 渋谷区松濤2-11-12 110 医療法人社団明生会
セントラル病院分院 渋谷区神泉25-1 120 医療法人社団明生会
代々木病院 渋谷区千駄ヶ谷1-30-7 150 医療法人財団東京勤労者医療会
東海大学医学部附属東京病院 渋谷区代々木1-2-5 101 学校法人東海大学
原宿リハビリテーション病院 渋谷区神宮前6-26-1 303 一般法人社団巨樹の会
JR東京総合病院 渋谷区代々木2-1-3 448 東日本旅客鉄道株式会社
回心堂病院 渋谷区幡ヶ谷2-14-12 137 医療法人社団回心会
参宮橋脊椎外科病院 渋谷区代々木3-57-1 22 医療法人社団春陽会
クロス病院 渋谷区幡ヶ谷2-18-20 45 個人
井上病院 渋谷区富ヶ谷1-53-8 60 医療法人社団荘敬会
初台リハビリテーション病院 渋谷区本町3-53-3 173 医療法人社団輝生会

渋谷区内:医療機関 有床診療所情報

睡眠総合ケアクリニック 渋谷区代々木1-24-10 19 医療法人社団絹和会

第二次医療圏における各区の管轄保健所の案内

目黒区保健所生活衛生課医薬係
世田谷保健所生活保健課医事薬事
渋谷区保健所生活衛生課医薬係

区西南部保健医療圏の概況

出典:平成28年7月東京都地域医療構想
人口は平成28(2016)年1月1日現在1,405,290人、面積:87.83(k㎡)、人口密度:16,000(人/k㎡)

特徴

高度急性期機能

自構想区域完結率は62.3%だが、都内隣接区域を含めると91.6%で都内で最も高い。
隣接する構想区域なは、高度急性期機能が集積

急性期機能

自構想区域完結率は62.3%だが、都内隣接区域を含めると91.9%と都内で最も高い
高度急性期機能から継続して入院している患者も含め、隣接区域の流出が多い。

回復期機能

自構想区域完結率は61.4%だが、都内隣接区域を含めると88.0%
人口10万人当たりの回復期リハビリテーション病床率は、都平均の約8割
流出患者数と流入患者数がほぼ均衡しており、流出入の傾向は急性期機能と同様

慢性期機能

高齢者人口10万人当たりの医療療養病床数、介護療養病床数ともに都平均の約8割
区西部や神奈川県との間での流出と流入がともに多い。

「意見聴取の場」等の意見

地域特性

がんは拠点病院等が多くそろう区中央部に流出しているが、それ以外をみればバランスが取れている地域と感じている。
今後、高齢者が増えると移動範囲が狭くなり、地域の病院を受診するようになる。
一般的な医療については、地域で診ることができるように意識を持つことが大切。
将来に向けた変化は、急増する高齢者への対応であり、家族が在宅復帰を希望することも多いことから、回復期機能や慢性期機能など、在宅医療に近い医療の議論を深めた方がよい。

医療連携(介護等との連携を含む)

地域に慢性期機能病床が少ないため患者が流出していると言えるが、新たに整備するのではなく連携で補える部分があると思う。
療養病床に空きがあるのに関わらず、その情報が伝わっていないように思う。
リソースだけでなく、他の医療機能を持つ医療機関や他の職種との情報共有や連携など、ソフトの部分も考えなければならない。

地域包括ケアシステム・在宅医療

高齢化社会において、地元の医療機関は在宅の後方支援病床として在宅療養生活を支え、治療後地域に帰す医療を提供していくべき。

その他

(救急医療)
地域で二次救急をやっていると、病床に余剰があるとは感じられず、高齢化に対応するために充実が必要。
(小児医療)
キャリーオーバー患者の受入れ医療機関を探すことに苦慮している。

このページの先頭に戻る