東京都第二次保健医療圏

 東京都二次保健医療圏:区東北部:病院情報・有床診療所情報

サイトマップ有限会社 市川概要

  1. ホーム
  2. 東京都第二次保健医療圏:区中央部病院・有床診療所情報
  3. 区南部
  4. 区西南部
  5. 区西部
  6. 区西北部
  7. 東京都二次保健医療圏:区東北部:病院情報・有床診療所情報

東京都第二次保健医療圏:区東北部:病院情報・有床診療所情報

取扱い業務の図示イメージ

東京都内23区第二次保健医療圏域内の区東北部:荒川区、足立区、葛飾区の病院情報、有床診療所情報です。
医療提供施設の病院数81施設、有床診療所数34施設。

東京都二次保健医療圏図示

圏域名区東北部、tent="東京都23区内第二次保健医療圏;区東北部の荒川区、足立区、葛飾区の病院、有床診療所情報の紹介。医療提供施設名、所在地、病床数、経営主体の情報。経営主体は学校法人2、医療法人71のうち社会医療法人5、財団法人2、一般財団法人1、公益財団法人10、日本赤十字1、社会福祉法人3、法務省1、個人5。
医療提供施設名 所在地 病床数 経営主体

荒川区内:医療機関 病院情報

杏精会 岡田病院 荒川区荒川5-3-1 57 医療法人社団杏精会
真光会 竹内病院 荒川区荒川6-7-8 47 医療法人社団真光会
関川会 関川病院 荒川区西日暮里1-4-1 141 医療法人社団関川会
東京女子医科大学東医療センター 荒川区西尾久2-1-10 495 学校法人東京女子医科大学
地域医療支援病院
承認年月日 平成28年8月4日
先進医療技術名
先進医療技術名 A 番号:12 先進医療技術名 B 番号:1
先進医療技術名 A 番号:14
藤寿会 佐藤病院 荒川区西尾久5-7-1 98 医療法人社団藤寿会
一成会 木村病院 荒川区町屋2-3-7 88 社会医療法人社団一成会
認定年月日 平成27年10月1日
業務の区分:救急医療
美誠会 荒川病院 荒川区荒川3-78-2 153 医療法人社団美誠会
杏和会 寺田病院 荒川区町屋3-23-4 66 医療法人社団杏和会
三ノ輪病院 荒川区東日暮里1-4-3 43 個人
日暮里上宮病院 荒川区東日暮里2-29-8 81 医療法人社団上宮会
はせがわ病院 荒川区東日暮里6-22-16 30 医療法人社団成守会
磯病院 荒川区南千住1-56-10 35 医療法人財団磯病院
南千住病院 荒川区南千住5-10-1 76 医療法人社団愛和会
東京リバーサイド病院 荒川区南千住8-4-4 109 社会医療法人社団正志会

荒川区内:医療機関 有床診療所情報

荒川外科肛門科 荒川区荒川4-2-7 19 個人
加藤産婦人科医院 荒川区町屋2-9-21 15 医療法人社団加藤産婦人科医院
上智クリニック 荒川区町屋4-9-10 19 医療法人社団上智社会事業団
義肢装具サポートセンター附属診療所 荒川区南千住4-3-3 12 財団法人鉄道弘済会

足立区内:医療機関 病院情報

下井病院 足立区綾瀬3-28-8 60 医療法人社団日岩会
綾瀬病院 足立区綾瀬6-3-1 97 医療法人社団綾瀬病院
苑田第三病院 足立区伊興本町2-5-10 140 医療法人社団苑田会
慈生会 等潤病院 足立区一ッ家4-3-4 164 社会医療法人社団慈生会
認定年月日 平成24年4月1日
業務の区分:救急医療
友愛病院 足立区花畑4-33-8 60 医療法人社団友愛会
第二洪誠病院 足立区栗原4-11-1 91 医療法人社団洪泳会
東京北部病院 足立区江北6-24-6 138 医療法人社団けいせい会
足立鹿浜病院 足立区鹿浜3-6-1 50 医療法人社団鹿浜会
博慈記念総合病院 足立区鹿浜5-11-1 306 一般財団法人博慈会
先進医療技術名
先進医療技術名 A 番号:14
長寿リハビリセンター病院 足立区鹿浜5-13-7 191 財団法人博慈会
敬仁病院 足立区新田2-18-6 68 特定医療法人社団潤恵会
大内病院 足立区西新井5-41-1 362 医療法人社団大和会
水野記念病院 足立区西新井6-32-10 190 社会医療法人社団昭愛会
認定年月日 平成26年4月1日
業務の区分:救急医療
水野記念リハビリテーション病院 足立区西新井5-5-5 90 社会医療法人社団昭愛会
東京洪誠病院 足立区西新井栄町1-17-25 162 医療法人社団洪泳会
慈英会病院 足立区西新井栄町2-8-6 48 医療法人社団慈英会病院
大石記念病院 足立区西新井本町2-23-1 230 医療法人社団八葉会
西新井ハートセンター病院 足立区西新井本町1-12-8 21 医療法人社団成和会
西新井病院 足立区西新井本町1-12-12 207 医療法人社団成和会
井口病院 足立区千住2-19 53 医療法人社団哲仁会
内田病院 足立区千住2-39 98 医療法人社団寿英会
桜会病院 足立区千住桜木2-13-1 290 医療法人財団桜会
すずき病院 足立区千住寿町8-2 100 医療法人社団すずき病院
柳原病院 足立区千住曙町35-1 85 医療法人社団健和会
柳原リハビリテーション病院 足立区柳原1-27-5 100 医療法人社団健和会
愛里病院 足立区千住東1-20-12 140 医療法人社団民政会
勝楽堂病院 足立区千住柳町5-1 105 社会福祉法人勝楽堂病院
扇大橋病院 足立区扇1-55-28 96 医療法人社団仁幸会
米倉脊椎・関節病院 足立区扇3-13-14 62 個人
平成扇病院 足立区扇3-26-5 120 医療法人社団大和会
白石病院 足立区谷在家1-8-14 38 医療法人社団石仁会
綾瀬循環器病院 足立区谷中2-16-7 76 医療法人社団英悠会
綾瀬循環器リハビリ病院 足立区谷中3-12-10 57 医療法人社団英悠会
苑田会リハビリテーション病院 足立区谷中5-9-11 120 医療法人社団苑田会
勝和会病院 足立区竹の塚3-12-11 21 医療法人社団弘仁勝和会
苑田第一病院 足立区竹の塚4-1-12 221 医療法人社団苑田会
苑田会人工関節センター病院 足立区保木間1-21-10 54 医療法人社団苑田会
苑田会保木間病院 足立区保木間1-29-12 57 医療法人社団苑田会
足立北病院 足立区保木間5-38-15 112 医療法人社団美誠会
井上病院 足立区竹の塚5-12-11 66 医療法人社団三奉会
東京足立病院 足立区西保木間5-23-20 437 医療法人財団厚生協会
足立十全病院 足立区西保木間3-20-2 141 医療法人社団聖寿会
足立東部病院 足立区梅島2-35-16 119 医療法人社団厚友会
苑風会病院 足立区本町1-19-5 56 医療法人社団苑風会
成仁病院 足立区島根3-2-1 114 医療法人社団成仁
東和病院 足立区東和4-7-10 299 医療法人財団大坪会
梅田病院 足立区梅田7-1-2 120 医療法人財団梅田病院
大高病院 足立区島根3-17-8 22 個人
あさひ病院 足立区平野1-2-3 120 医療法人社団朝日会
苑田第二病院 足立区保木間3-3-3 60 医療法人社団苑田会
竹の塚脳神経リハビリテーション病院 足立区保木間4-15-16 136 医療法人社団苑田会
いずみ記念病院 足立区本木1-3-7 144 社会医療法人社団医善会  
認定年月日 平成25年4月1日
業務の区分:救急医療
寺田病院 足立区本木西町18-16 50 医療法人社団俊和会
あだち共生病院 足立区本木南町27-6 40 医療法人財団桜会
足立共済病院 足立区柳原1-36-8 54 医療法人社団心和会

足立区内:医療機関 有床診療所情報

足立本木腎クリニック 足立区本木西町18-16 19 医療法人社団三晴会
待木医院 足立区西竹の塚2-13-17 19 個人
栗島診療所 足立区青井6-15-3 19 医療法人社団栗島診療所
山下整形外科 足立区大谷田3-22-2 12 医療法人社団昭明会
あやせ循環器クリニック 足立区谷中3-6-9 19 医療法人社団英悠会
井上クリニック 足立区竹の塚5-11-8 18 医療法人社団三奉会
長門クリニック 足立区中川2-5-8 12 医療法人社団長門クリニック
西新井大腸肛門科 足立区島根3-7-13 19 医療法人社団邉志会
ようせいクリニック 足立区保木間2-1-1 19 医療法人社団容生会
セツルメント診療所 足立区東和4-20-7 19 医療法人財団ひこばえ会
セツルメント診療所分院 足立区東和4-24-16 19 医療法人財団ひこばえ会
梅田診療所 足立区梅田8-12-10 18 医療法人社団福寿会
横川レディースクリニック 足立区保木間1-31-10 19 医療法人社団こひつじ会

葛飾区内:医療機関 病院情報

イムス葛飾ハートセンター 葛飾区堀切3-30-1 52 医療法人社団明芳会
小澤病院 葛飾区奥戸2-31-3 60 個人
亀有中央病院 葛飾区亀有2-5-1 68 医療法人社団湘南会
葛飾リハビリテーション病院 葛飾区亀有2-18-27 83 社会医療法人社団正志会
亀有病院 葛飾区亀有3-36-3 76 医療法人社団謙仁会
東部地域病院 葛飾区亀有5-14-1 314 公益財団法人東京都保健医療公社
地域医療支援病院
承認年月日 平成10年9月4日
金町中央病院 葛飾区金町1-9-1 99 医療法人社団玲瓏会
高山整形外科病院 葛飾区金町3-4-5 48 医療法人社団高山整形外科病院
かつしか江戸川病院 葛飾区高砂3-27-13 60 社会福祉法人仁生社
東京拘置所医務部病院 葛飾区小菅1-35-1 72 法務省
坂本病院 葛飾区新小岩4-39-20 97 医療法人社団五十鈴会
江戸川病院高砂分院 葛飾区西水元4-5-1 99 社会福祉法人仁生社
東京慈恵会医科大学附属葛飾医療センター 葛飾区青戸6-41-2 365 学校法人慈恵大学
嬉泉病院 葛飾区東金町1-35-8 60 医療法人社団嬉泉会
第一病院 葛飾区東金町4-2-10 138 社会医療法人社団光仁会
認定年月日 平成26年4月1日
業務の区分:救急医療
葛飾橋病院 葛飾区東金町7-33-1 209 医療法人社団一秀会
新葛飾病院 葛飾区堀切3-26-5 136 医療法人社団明芳会
堀切中央病院 葛飾区堀切7-4-4 125 医療法人財団慈光会
葛飾赤十字産院 葛飾区立石5-11-12 113 日本赤十字社東京支部
平成立石病院 葛飾区立石5-1-9 180 医療法人社団直和会
東立病院 葛飾区立石6-38-13 57 医療法人財団葛飾厚生会

葛飾区内:医療機関 有床診療所情報

亀有みんなのクリニック 葛飾区亀有2-4-8 19 医療法人社団湘南会
間外科医院 葛飾区亀有1-15-23 18 個人
新宿診療所 葛飾区柴又1-37-5 19 個人
綾瀬産婦人科 葛飾区小菅4-8-10 10 個人
いずみケアクリニック 葛飾区青戸5-30-4 19 医療法人社団双泉会
増田産婦人科 葛飾区東金町1-13-5 18 医療法人社団慶風会
白鳥診療所 葛飾区白鳥3-5-8 18 医療法人社団白鳥会
遠武産婦人科 葛飾区立石6-34-11 14 医療法人社団遠武産婦人科
東京フェリシアレデースクリニック 葛飾区立石8-9-6 11 医療法人社団聖マリア会

第二次医療圏における各区の管轄保健所の案内

荒川区保健所生活衛生課環境衛生係
足立保健所生活衛生課医薬衛生係
葛飾区保健所生活衛生課医薬担当係

区東北部保健医療圏の概況

出典:平成28年7月東京都地域医療構想
人口は平成28(2016)年1月1日現在1,327,422人、面積:98.21(k㎡)、人口密度:13,516(人/k㎡)

特徴

高度急性期機能

自構想区域完結率は47.6%と島しょを除く、都内隣接区域で最も低いが、都内隣接区域を含めると87.5%と高い。
区中央部への流出多く、流出患者の5割を超える。

急性期機能

自構想区域完結率は62.0%だが、都内隣接区域を含むと90.4%と高い
高度急性機能から継続して入院している患者を含めて、区中央部への流出が多く、流出患者の約半数を含める。

回復期機能

自構想区域完結率は68.3%で、都内隣接区域を含むと89.4%と高い。
人口10万人当たりの回復期リハビリテーション病床率は、都平均の約1.2倍
流出先及び流入元は高度急性期機能や急性期機能と同様の傾向であり、特に高度急性期機能から引き続き入院している患者も含めて区中央部への流出が多い。

慢性期機能

自構想区域完結率は66.5%でと区部では最も高く、都内隣接区域を含むと76.1%で、同じく区部で最も高い。
高齢者人口10万人当たりの障害者施設等入院基本料を算定している病床は、都平均の約1.3倍特殊疾患入院料を算定している病床は、都平均の約1.9倍

「意見聴取の場」等の意見

地域特性

高度急性期機能から回復期機能まで流出が多い地域だが、隣接区域との連携により医療提供体制を構築してきた。
荒川区では、今後の医療需要の高まりに対応するため、病床の充実が必要。
慢性期機能は流入超過だが、介護療養病床の今後の在り方や療養病棟入院基本料2の経過措置の廃止のよる影響等、先が見通せない要素が多い。

医療連携(介護等との連携を含む)

今後は、高齢者の急性増悪による入院の増加が予想され、介護を含めた連携が重要となる。
区東北部から区中央部へ流出した患者が、地元に戻る時の連携がうまく取れていない。

地域包括ケアシステム・在宅医療

退院時に薬局の関わりが十分でなく、薬が重複して処方されていることがある。地域の薬局の重要性を感じている。
高齢者の増加に伴い増えるであろう在宅療養生活の看取りをバックアップする病床が必要

人材確保

看護師は流出入が非常に多い職種のため、人材の育成及び確保が重要
新専門医制度における専門医の育成及び確保が重要

その他

(がん)
高齢者の増加に伴いがん患者の増加が予想されるが、その際、必要となる緩和ケア病棟がない。
(精神)
精神疾患患者は極端な流出入となっており、流入先の区域では人材の不足が危惧される。
(救急)
救急搬送される合併症をもって高齢者のうち、7割程度はそのまま入院していると感じている。
他県の救命救急センターに搬送されている救急患者も一定数おり、都内で受け止める体制が必要ではないか。
(災害)
医療需要の増加を見据え、医療資源の配置状況も踏まえながら、災害拠点病院を中心とした災害医療体制の充実の検討が必要

このページの先頭に戻る